TOP NEWS THE BAND BIOGRAPHY MUSIC PHOTOS BLOG Radio
Karine(カリーン) Vo./奇妙なKey.
神戸生まれの千葉育ち。
神戸牛大好き!お好み焼き大好物!だけど完全なる千葉県民。

<Vo.の歌歴史>
幼少の頃より、親や周りから「音痴だから歌うな」と言われ、
歌人生のはじまりは深い闇に包まれていた。

小6の合唱コンクール選抜オーディションで,
ハチャメチャながらも合格。「裏声なら歌ってもいいんだ!」
と励まされたものの、カラオケでは、もっぱら盛り上げ担当
に徹し,歌うことはなかった。

高校に入り、カラオケ好きの親友の影響で当時ファンだった
The Yellow Monkey, L'Arc〜en〜Ciel, Charaを歌い続ける。
ある日、親友に「1年前は音痴だったけど、今は大分聴けるよ!」
という一言で単純に舞い上がり、初のバンドを組む。

相川七瀬のコピーバンドは当時、高音の出ないKarineの音域を
広げてくれたが、僅かな期間で解散となる。

それからはNo Doubt, Christina Aguilera等,
洋楽を自宅で歌いまくる日々が続く。

大学生になり、かなりのミラクル的な出会いで前バンドに入る。
そこでこれまたミラクル的にSeigoと出会い、現在に至る。



Seigo(セイゴ) B/G/Key.
長崎生まれ、長崎育ちの九州男児。
後に上京。都内にしばらく潜伏したのち、
TDRの魅力に負け千葉へと移り住む、自称:千葉男児。

<Playerとしての歴史>
小学生の頃、文化祭的行事にZIGGYのコピーバンドで参戦。
掃除道具のチリトリをベース、ホウキをギター、ゴミ箱をドラム
に見立て、しかも全員がボーカルという自己主張全快の
エアーバンド「SOGGY(ソジー:そうじ)」1昼限りで結成。
ちなみにセイゴはゴミ箱担当だった。
当時の事をセイゴは語る・・。
「あのバンドは最もクールなバンドだった。しかもクリーンだった。
間奏時のベース、ギター、ドラムの抜群のコンビネーションでの
掃除パフォーマンスは今思い出しても”絶賛に値する”」 ・・・と。

その後、これと言って音楽に関わらず、のほほんと過ごしていた
高1のある日、友人に「ベースやんなよ。」と言われ、アッサリと
ベースをはじめる。そこからひたすら、ベースを弾き続けていた
…が、なぜかギターも練習するようになる。

朝までカラオケ生活に明け暮れる中、「東京で音楽がしたい!」
という強い思いを抱き、上京資金を貯めるのと同時に反対する
親を1年かけて説得する。そして春、晴れて上京。

中学時代の友人が東京で組んでいたバンドのギターのサポート
として誘われる。そこでKarineと運命的な出会いをする。